Mendeleyチュートリアル
[ Updated at 2020/02/14 ]
Research

はじめに

研究者が論文を書くためのMendeleyのチュートリアルをまとめました。

基本的にはMacベースで進めています。

Mendeleyとは、Google ScholarScopusなど論文検索エンジンから得た論文(ペーパー)を管理するためのツールです。Mendeley以外に、ZoteroEndnoteなどがあります。

色々なツールを使ってきましたが、Mendeleyは以下のような点で優れているため、私はMendeleyを日頃利用しています。

  • iPadやiPhoneなどで見れる
  • pdfの同期ができる
  • Elsevierと連携しているため、拡張性が期待できる

 

コンテンツ

  1. 環境構築
  2. ペーパーの追加
  3. Wordへの紐付け
  4. カスタムCSLの作成

 

1. 環境構築

1-1. こちらのサイトからデスクトップアプリケーションをダウンロードします。

download

 

1-2. アカウント登録を行います。

 

1-3. その他にも様々なアプリケーションをインストールできます。

 

2. ペーパーの追加

主な追加方法は3つあります。

① ドラッグ&ドロップ

pdfをダウンロードして、ドラッグアンドドロップします。

drug_and_drop

 

② マニュアル登録

書籍などは、マニュアルで登録することができます。

以下のようにAddボタンの選択肢の中のAdd Entry Manuallyから登録します。

add_entry

add_entry_box

 

③ Web Importerからの登録

Google ChromeやFirefoxなどのウェブブラウザから直接登録することもできます。

web_importer

 

3. Wordへの紐付け

続いて、実際に文献を紐付ける方法を紹介します(本記事ではWordを採用)。

 

3-1. まずWordのプラグインをMendeley Desktopよりインポートします。

install_MS

 

3-2. Wordを開き、Mendeleyのボタンが参照設定に追加されていることを確認します。

word_ref

 

3-3. Insert or Edit Citationから文献を引くことができます。

こちらから文献を選択し、追加することによって、In-text citationが追加されます。

add_citation

in-text_citation

 

3-4. Insert Bibliographyより、参考文献のリストを追加することができます。

bibliography

 

4. カスタムCSLの作成

大抵の場合は、カスタムの記述方法を編集する機会が多いと思います。

Mendeleyでは、そのような文献フォーマットのことをCSL(Citation Style Language)と呼び、XMLによって記述します。

具体的な作成方法は2つあります。

いずれの場合でも、既存のCSLを編集して、新規保存する方法をお勧めします。

 

① Visual Editorを用いた方法

こちらのリンクから編集することができます。

ログインされた状態であれば、以下のようなウィンドウがおそらく開きます。

visual_editor

 

GUIでCSLを編集した後、Style>Save Style As ...を選択し、IDを割付け保存します。

この時、InfoのTitleが実際にWordやMendeley内のUIに表示される部分なため、編集することを推奨します。

ここでは、Sample Styleとしています。

save_style_as

save_style

すると、「Mendeley.appを開く」という選択肢のアラートが出てくるため、開きます。

open_mendeley

その後、作成したStyleに対して、Use this Styleを選択し、Doneを選択します。

use_style

これで、Mendeleyの方の設定は完了です。

次に、Wordを再起動させて、参照設定からStyleを選択します。

change_style

すると、自動的に全てのStyleが更新されます。

sample_style_word

 

② Code Editorを用いた方法

こちらのリンクから編集することができます。

Code Editorでは、XMLファイルのプレビューを以下のように見ることができます。

code_editor

こちらの方がGUIでは実装できないかゆいところまで手が届くため、意識の高い方にはお勧めです。

プレビューで満足のいくものが出来上がったら、コードをコピーして、cslファイルとしてvimなどで保存します(ファイル名:sample.cslなど)。

ここまでできたら、Mendeley Desktopを開き、MacはCommand + Shift + Dを、Windowsは Ctrl + Shift + Dを押します。すると、以下のようなDebug Consoleが出てきます。

そこで、Open Data Directoryを選択して、データのあるディレクトリを開きます。

debug_console

open_finder

次に、citationStyles-1.0のフォルダにcslファイルを移動して、Mendeleyを再起動します。

そこで、View>Citation StyleからStyleを選択することで、アクティベートすることができます。もしも候補に出てこないときは、More Styles...から選択できます。

select_style

 

Tips

PDFが同期しない時の対処法

  1. Edit Settingsを選択します。

    mendeley_home_edit

  2. Synchronize attached filesにチェックを入れて、右下のSave & Syncをクリックします。

    edit_settings

  3. 最後に、Syncボタンを押します。

    mendeley_home_sync

 

以上です。

もしもご不明な点があれば、お気軽にご連絡ください。

umi-mori