【アレンジ】スタート画面の追加
[ Updated at 2020/3/9 ]
Unity

はじめに

ゲーム本体を作った後に、「スタート画面を追加する」アレンジテキストです。

 

サンプル画面

以下のように、タイトルとスタートボタンを用意して、ボタンをクリックしたら、ゲームが始まります。

StartSceneArrange18

 

前提

以下のようにGameSceneというようなゲーム本体があることを前提とします。

StartSceneArrange1

 

A. 新しいSceneの作成

A1. 以下のようにFile > New Sceneを選択

StartSceneArrange2

 

A2. スタート画面の名前を作り、Saveを選択

(ここでは、StartSceneという名前にしました。)

StartSceneArrange3

 

A3. 以下のように何もないシーンが出てきたか確認

StartSceneArrange4

 

B. 背景の作成

B1. UI > Panel を選択し、パネルを作成

StartSceneArrange5

 

B2. CanvasPanelが作成されていることを確認

StartSceneArrange6

 

B3. 背景の好きな色を選択

StartSceneArrange7

 

 

C. タイトルの作成

C1. UI > Text を選択し、テキストを作成

StartSceneArrange8

 

C2. Textが作成されていることを確認

(ここでは、左下に小さな文字が出ていることがわかります。)

StartSceneArrange9

 

C3. TextのComponentを編集し、タイトルを自由にアレンジ

(ここでは、「日本語フォント 商用フリー」と調べ、フォントをダウンロードしてきました。)

StartSceneArrange10

 

D. スタートボタンの作成

D1. UI > Button を選択し、ボタンを作成

StartSceneArrange11

 

D2. ボタンが作成されていることを確認

StartSceneArrange12

 

D3. ButtonのComponentを編集し、スタートボタンを自由にアレンジ

StartSceneArrange13

 

E. ボタンを押したら、ゲームが始まるようにする

E1. Buttonオブジェクトを選択し、Add ComponentからNew scriptを選択

StartSceneArrange14

 

E2. startButtonというスクリプト名で保存

StartSceneArrange15

 

E3. Start Buttonという新しいスクリプトが作成されていることを確認

StartSceneArrange16

 

E4. Start Button > Edit Script を選択し、スクリプトを編集

StartSceneArrange17

 

E5. 以下のようにコードを入力

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

// ライブラリの追加
using UnityEngine.UI;
using UnityEngine.SceneManagement;

public class startButton : MonoBehaviour {

	// 始まった時に実行する関数
	void Start () {
        // ボタンが押された時、StartGame関数を実行
        gameObject.GetComponent<Button>().onClick.AddListener(StartGame);
	}

    // StartGame関数	
    void StartGame()
    {
        // GameSceneをロード
        SceneManager.LoadScene("GameScene");
    }
}

 

E6. startButtonスクリプトを保存、ビルドし、以下のようにunityを実行

StartSceneArrange18

 

完成!

ここからは自由にアレンジしてみましょう!

 

F. アレンジ

  • 効果音を加える(☆)
  • クリエイターネームを加える(☆)
  • スタート画面のBGMを加える(☆☆)
  • 動く背景を作る(☆☆)
  • ステージ選択画面を作る(☆☆☆)