超入門・タップゲームを作ろう【Unity / C#】

はじめてUnityで2Dゲームを作る人向けのテキストです!
あえて重複する部分は説明を省略しているところもあります。

サンプルゲーム

  • 概要:画面をタップ(クリック)して、障害物(りんご)をよけていくゲーム
  • 学べること
    • ジャンプ
    • タッチ(クリック)
    • クローン
    • スコアの加算と表示
    • ゲームオーバーの表示
    • リトライボタン

game.gif

作る手順

method image

A. 下準備

A1. プロジェクトの作成

1. タイトル(プロジェクト名)をつける
2. 2Dを選択【重要】
3. 作成をクリック

スクリーンショット 2018-09-26 12.02.22.png

A2. シーンの保存

1. 画面が出てきたら、Command + Nを押す

[Command + N]を押す前は、SampleSceneになっている。

スクリーンショット 2018-09-26 12.03.05.png
[Command + N]を押した後は、Untitledという新しいSceneになった。

スクリーンショット 2018-09-26 12.03.05.png

2. 画面が出てきたら、Command + Sを押して、シーンのタイトルをつけて保存する

スクリーンショット 2018-09-26 12.03.05.png

3. Saveをクリックして、Scene名がUntitledから保存した名前になっていることを確認する

スクリーンショット 2018-09-26 12.03.05.png
[注意] これ以降の画像には、v2017のバージョンのスクリーンショットを使っているため、ScenesフォルダPackagesフォルダが表示されていないが、本来は表示されています。

A3. 素材の準備

1. プレイヤーと敵の画像をダウンロード
2. Assetsにドラッグ&ドロップ

スクリーンショット 2018-09-26 12.54.53.png
素材の利用について

下記の素材を、ご自由にお使いください(クレジット不要、商用利用可、転載不可)。

B. ジャンプするプレイヤーの作成

B1. プレイヤーの作成

1. スプライトの新規作成(HierarchyのCreate < 2D Object < Sprite

newSprite.png

2. 見た目を変える(Assetsの中のイメージをSprite RendererのコンポーネントのSpriteにアタッチ)

spriteAttach.png

3. 名前を変える(名前はなんでもOK)

B2. 重力の追加

1. Playerのオブジェクトを選択 2. Add ComponentからRigidbody 2Dを追加

rigid1.png
rigid2.png

B3. タッチ(クリック)したらジャンプするスクリプトの作成

1. Playerのオブジェクトを選択

2. Add ComponentからNew Scriptを選択

jump1.png

3. touchJumpというスクリプトを作成(名前はなんでもOK)

jump2.png

4. touchJumpスクリプトの右のギアアイコンからEdit Scriptを選択

jump3.png

5. touchJumpスクリプトに以下のスクリプトを入力し、ビルドの実行

touchJump.cs
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
public class touchJump : MonoBehaviour { // 始まったら、{}の中をずっと繰り返す void Update () { // もしもマウスがクリックされたなら、Y軸方向に10の力を加える if(Input.GetMouseButtonDown(0)){ GetComponent<Rigidbody2D> ().AddForce(new Vector2(0,500f)); } }
}

jump4.png

C. 障害物の生成

C1. 障害物の作成(プレイヤーと同様)

1. スプライトの新規作成(HierarchyのCreate < 2D Object < Sprite
2. 見た目を変える(Assetsの中のイメージをSprite RendererのコンポーネントのSpriteにアタッチ)
3. 名前を変える(名前はなんでもOK)

C2. 左へ動くスクリプトの作成

1. 障害物のオブジェクトを選択
2. Add ComponentからNew Scriptを選択
3. obstacleMovementというスクリプトを作成(名前はなんでもOK)
4. obstacleMovementスクリプトの右のギアアイコンからEdit Scriptを選択
5. obstacleMovementスクリプトに以下のスクリプトを入力し、ビルドの実行

obstacleMovement.cs
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
public class obstacleMovement : MonoBehaviour { // 始まったら、{}の中を一度実行する void Start () { //オブジェクトのx座標の位置を8に、y座標は-4から4のランダムな位置にする。fは、float(実数)という意味。(初期位置の設定) transform.position = new Vector3(8f,Random.Range(-4f,4f),0); } // 始まったら、{}の中をずっと繰り返す void Update () { //オブジェクトのx座標を0.1ずつ減らす。(左へ0.1の速さで動く) transform.position -= new Vector3 (0.1f,0,0); }
}

C3. 障害物をクローンするスクリプトの作成

1. Prefabのフォルダの作成(ProjectのCreate < Folder) (Prefabのフォルダはクローンする元となるオブジェクトを入れるところ)

clone1.png

2. フォルダーの名前をPrefabに変え、障害物のオブジェクトをそのフォルダに追加

clone2.png

3. Prefabに追加できたら、元の障害物のオブジェクトの削除(オブジェクトを右クリック<Delete

delete.png

4. クローンするための空のオブジェクト(全体を見る監督のようなオブジェクト)の作成(HierarchyのCreate < Create Empty

createEmpty.png

5. 空のオブジェクトの名前をDirectorに変え、その中に新しいcloneObstacleというスクリプトを作成

cloneObstacle.png

6. cloneObstacleスクリプトの中に以下のスクリプトを入力し、Ob1にPrefabの中の障害物をアタッチ

cloneObstacle.cs
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
public class cloneObstacle : MonoBehaviour { //Ob1という名前のゲームオブジェクトの変数を定義する。 public GameObject Ob1; // 始まったら、{}の中をずっと繰り返す void Update () { //もしもフレームの数を60で割った余りが0ならば、Ob1のクローンを作る。(1秒に一回クローンを作る) if(Time.frameCount % 60 == 0){ Instantiate(Ob1); } }
}

D. UIの作成

UI(ユーザー・インターフェイス)とは、アプリとユーザー(アプリを使う人)の間の境界のことです。具体的には、以下ようなものです。(IT用語辞典バイナリより)

ユーザーインターフェースとは、コンピュータシステムあるいはコンピュータプログラムと人間(ユーザー)との間で情報をやり取りするための方法操作表示といった仕組みの総称である。

IT用語辞典バイナリより

D1. ゲームオーバー画面の見た目の作成

1. UIオブジェクトの新規作成(HierarchyのCreate < UI < Text

UI1.png

2. UIの見た目を変える(自由に変える) 例えば、

  • 文字の内容(TextをGame Over!!に変える)
  • 文字の色
  • 文字の大きさ
  • 文字の場所
スクリーンショット 2018-10-13 11.35.08.png

D2. ゲームオーバーになるプログラムの作成(衝突判定のスクリプトの作成)

1. プレイヤーにgameoverという新しいスクリプトを追加する(Add Component < New Script

2. gameoverスクリプトを記述する

スクリプトの意味:もしもプレイヤーが何かに触れたなら、ゲームオーバーの文字を表示する

スクリーンショット 2018-10-13 11.59.35.png

gameover.cs
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
// UIを使うための魔法の一言
using UnityEngine.UI;
public class gameover : MonoBehaviour { //Gameover_textというゲームオブジェクトの変数を作る public GameObject Gameover_text; // 何かと触れると、ゲームオーバーを表示する void OnCollisionEnter2D (Collision2D coll){ Gameover_text.SetActive (true); }
}

3. Gameover_textという変数に実際のUIを代入する

4. ゲームオーバーの非表示 ゲームが始まった時、ゲームオーバーが隠れるようにチェックボックスのチェックを外す

スクリーンショット 2018-10-13 12.06.26.png

5. 衝突の判定をつける(Polygon Collider 2D) PlayerObstaclePolygon Collider 2Dというコンポーネント(要素)を追加する。

スクリーンショット 2018-10-13 13.02.59.png

D3. スコアの作成

1. UIオブジェクトの作成 HierarchyのCreate < UI < TextからUIオブジェクトを作成する。

2. scoreスクリプトを追加 Add Component < New Scriptからscoreという新しいスクリプトを追加する。

スクリーンショット 2018-10-13 13.16.35.png

3. scoreスクリプトを記述する

スクリプトの意味:1秒ごとにスコアが1ずつ増え、それを表示する

score.cs
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
// UIを使うための魔法の一言
using UnityEngine.UI;
public class score : MonoBehaviour { //変数を作る int Point; // スタートしたら、「一度」行う処理 void [/ ===== Start Job =====] () { //点数を0にリセットする Point = 0; } // スタートしてから、「ずっと」繰り返したい処理 void Update () { //1秒ごとに1ポイント加算される if(Time.frameCount % 60 == 0){ Point++; } //PointTextに点数のテキストを更新する gameObject.GetComponent<Text>().text = "Point : " + Point.ToString(); }
}

D4. リトライボタンの作成

1. UIオブジェクトの作成 HierarchyのCreate < UI < ButtonからUIオブジェクトを作成する。

2. UIの見た目を変える(自由に変える) 例えば、

  • 文字の内容(TextをRetryに変える)
  • ボタンの色 / 文字の色
  • ボタンの大きさ / 文字の大きさ
  • ボタンの場所 / 文字の場所
スクリーンショット 2018-10-13 13.52.36.png

3. retryスクリプトを追加 Add Component < New Scriptからretryという新しいスクリプトを追加する。

4. retryスクリプトを記述する。

スクリプトの意味:リトライボタンが押された時、初めからスタートし直す 注意:この時、自分のSceneの名前を”FlyingArrow”から自分のSceneの名前に変える必要があります。

retry.cs
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
// UIを使うための魔法の一言
using UnityEngine.UI;
// ゲームのシーンを読み込み直すための魔法の一言
using UnityEngine.SceneManagement;
public class retry : MonoBehaviour { // スタートしたら、「一度」行う処理 void Start () { //もしもボタンがクリックされたら、ReloadGameという関数を呼び出す gameObject.GetComponent<Button> ().onClick.AddListener (ReloadGame); } // ReloadGameが呼び出されたら、実行される関数 void ReloadGame(){ // "FlyingArrow"という今のSceneを読み込み直す(Sceneの名前は各自変更) SceneManager.LoadScene ("FlyingArrow"); }
}

完成!

ここからは自由にアレンジしてみましょう!

E. アレンジ

  • 画像をオリジナルの画像に変える(☆)
  • オブジェクトの名前を整理する(☆)
  • 背景を変える(☆)
  • ゲームオーバーになった時だけ、Retryボタンが出るようにする(☆☆)
  • 動く背景を作る(☆☆☆)
  • BGMを加える(☆)
  • 画面の外判定の棒を作る(☆☆)
  • タップした時の効果音を加える(☆☆)
  • アプリとして実機ビルドする(☆☆☆)

最後に

いかがだったでしょうか?

もしもこの教材を通して、少しでもUnityの理解が深まったら嬉しいです。

この他にも、Twitterにて「データサイエンティスト / エンジニアに役立つ情報を発信中」です。ご興味があれば、ぜひフォローお待ちしております。