必須実行コマンド【Github】

Githubを始めたい人に向けた入門記事です!

環境構築

git環境構築 と Githubのアカウント登録をします。

ひとまず3分で走り切ろう(Mac編)

1. Terminalで、次のようにサンプルファイルをまず作成してみよう!

ここでは、「sampleProjectというフォルダの中にREADME.mdというファイルを作成し、.gitファイルを作成し、初期化する」という処理を行なっている。

$ mkdir sampleProject
$ cd sampleProject
$ touch README.md
$ ls README.md
$ git init Initialized empty Git repository in /Users/userName/(省略)/sampleProject/.git/
$ ls README.md
$ ls -a .	..	.git	README.md
コマンド意味
mkdir sampleProjectsampleProjectという名前のレポジトリ(フォルダ)を作成する。(mkdir = make directory)
cd sampleProjectsampleProjectのレポジトリへ移動する。(cd = change directory)
touch README.mdREADME.mdというファイルを作成する。
lsカレントディレクトリの中のデータを表示する。(ls = list segments)
git init.gitファイルを作成し、初期化する。(ローカルレポジトリの作成)
ls -a隠しファイルも含めて、全て表示する。(a = all)

lsだけだと、.gitファイルが見えないため、ls -aで確認すると、ちゃんと作成されていることを確認できる。)

2. Githubで新しいRepository(ワークスペース)を作成する。

① 右上のプラスボタンからNew repositoryを選択する。

② sampleProjectという名前のPrivateレポジトリを作成する。(README.mdは先ほど作成したため、チェックは入れい)

③ 作成されたレポジトリのURLをコピーする。(僕の場合、https://github.com/Masumi-M/sampleProject.git

レポジトリのURLがコピーできたら、Terminalに戻り、sampleProjectのフォルダをgithubにremoteできるようにして、。(githubとの接続)

$ git remote add origin https://github.com/Masumi-M/sampleProject.git$ git status On branch master No commits yet Untracked files: (use "git add <file>..." to include in what will be committed) README.md nothing added to commit but untracked files present (use "git add" to track)
$ git add .
$ git commit -m &quot;First Commit&quot; [master (root-commit) a1781a5] First Commit 1 file changed, 0 insertions(+), 0 deletions(-) create mode 100644 README.md
$ git push origin master Enumerating objects: 3, done. Counting objects: 100% (3/3), done. Writing objects: 100% (3/3), 216 bytes | 216.00 KiB/s, done. Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0) To https://github.com/Masumi-M/sampleProject.git * [new branch] master -> master
コマンド意味
git remote add origin https://github.com/Masumi-M/sampleProject.git先ほど作成したリポジトリとこのフォルダを繋げる。(remoteにアクセス)
git statusgitのstatusを確認する。
git add .全てのファイルをaddして、ステージングする。(ワーキングツリーからインデックスへ)
git commit -m &quot;First Commit&quot;ローカルレポジトリへファイルをcommitする。(First Commitというmessage付き)
git push origin masterローカルレポジトリからリモートリポジトリへpushする。(masterへpush)

これで下記のようにレポジトリにREADME.mdが追加されて、完了です。

最後に

いかがだったでしょうか?

この記事を通して、少しでもGitとGitHubを身近に感じてもらえたら嬉しいです。

この他にも、Twitterにて「データサイエンティスト / エンジニアに役立つ情報を発信中」です。ご興味があれば、ぜひフォローお待ちしております。