デスクトップアプリへのビルド方法【Unity】

はじめまして、フリーランスのますみです!

一人一人が自立・共存・革新している「クリエイターエコノミー」を創る。』というビジョンに向けて活動しています。

このテキストでは、「デスクトップアプリ(macOS / Windows)へのビルド / デプロイ(Build / Deploy)方法」を紹介していきます。

1. ビルドの実行

まずBuild Settingsをクリックします。

次に、作成しているSceneを全て、ドラッグアンドドロップで追加します。

今回はデスクトップアプリケーションへのビルド(デプロイ)を行うため、PC, Mac & Linux Standaloneを選択してください。この時、ターゲットは、Mac OS XとWindowsで選択できるため、自由な方をお選びください。ちなみに、Macの場合は.appファイルがWindowsの場合は.exeファイルが出力されます。

最後に、Buildをクリックし、アプリ名を入力し、Saveをクリックします。

2. アプリの実行

ビルドが完了すると、以下のようにBall_Move.appなどのアプリファイルが出力されると思います。このファイルをダブルクリックして、実行しましょう。

ss-editor-unity-build-4

すると、以下のようなオプションを入力するためのダイアログ が出てきます。自由なオプションに設定し、Playを実行しましょう。

ss-editor-unity-build-5

以下のようにアプリが起動したら、ビルド完了です!

ss-editor-unity-build-6

おまけ(モジュールの追加方法)

「Target Platform(ターゲットプラットフォーム)が表示されない」という方に向けて、モジュールの追加方法をご紹介します。

まずUnity Hubを開き、Intallsのタブを選択します。

次に、使用しているUnityのバージョンの右上の三点コロンをクリックします。

ss-editor-unity-build-7

そこで、Add Modulesをクリックします。

ss-editor-unity-build-8

追加したいモジュール(今回は、MacとWindows)を選択し、DONEをクリックします。この他にもiOSAndroidtvOSLinuxVuforiaWebGLFacebookなどのアプリ化もすることができます。

ss-editor-unity-build-9

最後に

毎月10人限定ですが、若手エンジニア向けに「キャリア相談」に乗る機会を設けています。

もしも「誰かに今の悩みを聞いて欲しい」という方がいれば、気軽にお申し込みください◎